本文へ移動

にまっ子日記

ブログを通して、園の様子をお伝えします。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

七夕会をしました☆彡

2024-07-09

7月8日、七夕会をしました。はじめにブラックパネルシアターで「七夕のお話」をしました。ホールを暗くすると、光り出す星を見ながら「きらきらぼし」や「七夕さまのうた」を歌いました。「七夕のお話」も真剣な表情で話に耳を傾けていましたよ!

次に、各クラスで作った笹飾りの紹介がありました。それぞれの飾りにも意味があり、「元気に過ごせますように!」「字が上手になりますように」「友だちとなかよくする」などなど・・・先生たちが子どもたちにわかりやすく知らせながら作ってきたのだな~と感じました。最後に、「夜の空を見てみよう」と星の話もしてみました。織姫はこと座。彦星は、わし座。はくちょう座と結ぶと三角形が浮かび上がるのをみんなで知りました。家族の皆さんで夏の星座を見ながら、七夕の雰囲気を味わってみてくださいね。短冊と笹飾りに思いをこめて、みんなの願いが届きますように・・・☆

七夕の由来をブラックパネルシアターで知ることができました。
各クラスの笹飾りをみんなで見ました。

令和6年度乳児組異年齢交流「あーそーぼ♡」をしました。

2024-06-26
 昨年度から始めた乳児組異年齢交流を今年度も今月から始めました!
「異年齢の友だちや保育士に興味関心をもち、かかわりをもとうとする」「友だちとのかかわりを通して、遊びや生活に関する意欲や主体性を育む」をねらいとして始めました。回数を重ねていくうちに、遊びでは、年上の子の遊びが魅力的で真似っこあそびを楽しんだり、クラスで再現をして遊ぶなどの姿が出てきました。また、年上の子が年下の子に順番や玩具を貸してあげたりと思いやりの心も育っているように感じた交流となり、今年度も同じ思いで取り組むことにしました。
  第1回目は乳児組の3クラスで園庭で遊びました。砂場にブルーシートを張り、水を溜め、ミニプールを作りました!ホースをもって消防士さんに変身したり、体を横にしてワニさん泳ぎをするなどダイナミックに遊ぶ子どももいましたよ!
  そして、今回は野菜スタンプもして遊びました。うさぎ組は2度目の野菜スタンプだったので、今回はクラスで実際に野菜を切って見たりふれたり、においをかいだりしてみました。切った玉ねぎを見て「しろーい!」と言ったり、ピーマンの種を見て「とうもろこしだー!」と気づきや発見を言うなど、子どもたちなりの言葉の表現の豊かさを感じました。
  スタンプをし始めると、オクラは☆星型に見えることに気付いた子どもがいました。「き~らき~らひ~か~る~♪」と歌いながらスタンプを押していてかわいかったです。
 次回はどんな子どもたちの様子が見られるか楽しみです♪これからも乳児組の異年齢交流を続けていきたいと思います。
今日は大根・人参・ピーマン・オクラ・小松菜・玉ねぎのスタンプを楽しみました♪
うさぎ組のお姉さんが野菜を手渡してくれて嬉しかったよ♡
「何か楽しそうなことしてるなぁ~。ぼくたちも行ってみよう!」と声か聞こえてきそうですね♪
暑かったのでブルーシートプールが大賑わいでした!
ホースから出る水に興味津々の子どもたちでした!
野菜スタンプで余った絵の具で色水あそび♪りす組の子どもたちも絵の具と水の感触を楽しんでいました!
スタンプで使った絵の具のしみ込んだキッチンペーパーをしぼるのもみんなで楽しんだよ!
沢山遊んで温水シャワーをした後は・・・みんなでパネルシアターを見ました。季節の歌が出てくるお話で自然と子どもたちも歌を口ずさんでいましたよ♪

幼児組(3.4.5歳児)みんなで豚汁を作ったよ!

2024-06-26
 今日はおててつなごうデーのチームで、豚汁クッキングをしました。
異年齢の友だちと一緒に野菜を洗ったり、ちぎったり、皮をピーラーで剥いたり、包丁で切りました。
ぱんだ組(3歳児)は、ぞう組(5歳児)・きりん組(4歳児)が包丁で切るところをしっかり見ていました。年上の友だちが、年下の友だちができそうな作業を考えてくれたりと、それぞれの2,3人のペアで協力しながら楽しんでいましたよ。
園庭で、釜を使って具材を煮混んでいくと「ファイヤー♪頑張れ♪」と応援してくれる子どもたち。声援と共にだんだんいい匂いもしてきて、出来上がりまで、ドキドキ・ワクワクで待ちました。
 給食はホールでみんな一緒に食べました。「このお野菜、僕が切ったお野菜かも!」と幸せそうに自分たちで作った豚汁を食べていましたよ。3回も豚汁のおかわりをする友だちもいましたよ。
畑で採れた立派な大根を使いました!
「手はこうやってするんだよ~」
5歳児:「○○ちゃん僕が切った大根集めてくれる?」3歳児:「分かった!どこに入れるの?」と役割分担して楽しみました。
「豆腐は優しく切るんだよ」
「これくらいの大きさだったら食べやすいかな?」
「ファイヤー♪頑張れ♪」
ちょうちょチーム
いるかチーム
「熱々でおいし~い」「これ僕が切ったお芋かも~」「私は大根を切ったよ」

〜『オープンセッション』子どもに関わる全ての大人と一緒に言語研修〜

2024-06-24
 本園は、東京大学の言語脳科学研究室、酒井邦嘉教授の「研究協力園」で、研究成果を公開しています。また、2023年度から、『オープンセッション』といって、子どもに関わる全ての大人と一緒に言語研修を実施しています。午前は、保育公開で、午後は、参加者による言語を中心とした話し合いです。その講師は、松本氏です。去る2024年6月19日(水)、0、1、2歳児を対象とした『オープンセッション』が実施されました。島根県内からの参加者は、小学校校長・園長・主任・支援児担当者・0/1/2歳児の保育士の計23名でした。参加者から、「クラスが穏やかである」「0歳児なのに指示が通る」「絵本の読み聞かせを聞いていて心地良い」等、多くの高い評価をいただきました。今後も継続して、皆で、頑張りたいと思います。

〜5園による合同言語研修 〜

2024-06-24
注目
 本園は、園児の言語獲得が重要だと考える大田市内の5園で、年6回、クラス別の合同言語研修を行っています。午前中は、保育公開で、午後は、松本氏の教育工学に基づいた研修です(参加者による話し合いがメインで、その合間に松本氏の理論説明)。異なる園の保育士が話し合うことで、より深い学びがあると感じています。
・子どもたちの言語獲得について学術的に改めて学ぶことが出来る
・他園の保育士からの評価・意見を聞き、本園の良い点がわかる
・本園の課題が見つかる
TOPへ戻る